忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツニッポン新聞社Sponichi Annex
「エルカンターレ祭」の記事が載っていましたので紹介します。

-------------------------
スポーツニッポン新聞社Sponichi Annex(2012年12月6日 06:00)より>

幸福実現党の大川隆法名誉総裁が「大講演会」
 
 幸福実現党の大川隆法名誉総裁(56)が5日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで「大講演会」を開催。5500人が詰めかけ、国内外約3500カ所で衛星中継された中、登壇した大川名誉総裁は「国民の幸福を守ることこそが国益。今の与党は“決断できる政党”ではない。“反省する政党”になっていただきたい。この国にとって正しい方向はどこなのか。この国にとって大事な判断をするように」と訴えた。さらに「国民に知る権利を与えることが大事。自分たちの政府にとって都合のいいことだけを訴え、都合の悪いことは隠すというのは不幸なこと」と話すと、会場から大きな拍手が起こった。
 
 会場では「日本を強く、豊かにする政策」についてのVTRも放送された。16日投開票の東京都知事選に立候補しているトクマ氏(46)も映像に登場。立候補会見で「東京を守りたい。東京都民の意識を変えたい」と支持者に熱く呼びかけたシーンが流された。
 
 また、衆院選には62人が立候補し、幸福実現党の政策を広くアピールしていく。
-------------------------

この記事で一番気になったのは「国民に知る権利を与えることが大事。自分たちの政府にとって都合のいいことだけを訴え、都合の悪いことは隠すというのは不幸なこと」と言う総裁の発言だ。自分のことは棚に上げてこんなんことをよく言えたもんだ。「信者に知る権利を与えることが大事。総裁の組織にとって都合のいいことだけを訴え、都合の悪いことは隠すというのは(信者にとって)不幸なこと」と言うメッセージをそっくりそのまま総裁にお返するので、是非、幸福の科学は、総裁が言われるような”反省する組織”になっていただきたいと思う。(「自分と似た相手のことは良くわかる」の典型的パターン)

あと職員の内部告発によると、入場者実数は5000人弱、衛星中継会場は信者が本会場に動員されたために3500ヶ所はなかったらしい。記事中の数字はマスコミ向けの数字だそうだ。

そして、この記事を見る限り「エルカンターレ祭」は、世間では幸福実現党の決起集会だと思われていることが良くわかる。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]