忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンチHS(by アイマイミー氏)
幸福の科学の将来を暗示する第一級の(内部告発)記事がありましたので紹介します。

大川の再婚の影に吉田達也あり 

大川の『零』能力を上回る 吉田達也の『霊』能力(笑) 

2013/1/9

 
吉田達也という名前をご存知の方も多かろう。
拙ブログでも、度々取り上げる有名人で(笑)、幸福の科学の三大悪人の一人である。
 
その吉田、いま、琵琶湖方面にいて、学園関西校反対派への数限りない嫌がらせ(動物の死骸を置いたり、住民を脅迫したり・・・)の陣頭指揮をとっているという噂を耳にしているが、どうも、大津だけでなく、幸福の科学本部での悪事を遠隔操作しているようだ。
 
それというのも、1/9の週刊新潮、週刊文春での大川再婚記事の掲載以降、突如として、2chで吉田批判が始まったのだが、その告発をみると、どうもとんでもないことをやっているそうなのだ。
 
そこで、拙ブログでは、その吉田達也告発に注目して、吉田達也の悪事の数々をまとめて見ながら、吉田達也が何をどうしようとしているのかを観察してみたい。
 
現段階でいえることは、2009年の総選挙に大挙出馬したのも大川を騙した吉田達也の功績であり(あれで幸福の科学の没落の引き金となった)、それと同様に、今の時点でも、大川をハメテいるらしく、今後の幸福の科学の行く末を分析する上で重要だと思われるので、告発者の全文を引用する。
 
(なお、この方の情報は正確である。筆者も書くのをためらった「まり子の浮気」や「紫央の兄と吉田の関係」などすべて第一級情報を掴んでおられる)
 
★★『幸福の科学』統合スレッドpart687★★から
 
真理子を失脚させたのも、近藤に大胆な行動をさせて押し切りスピード婚に持ち込ませたのも吉田達也の仕込み。近藤本人は吉田に踊らされている事に、まだ気づいてはいない。
 
総合本部のみなさん、油断しているとみんな吉田に持って行かれますよ。
かつて吉田が面倒を見てきた連中、学生部出身者でたくさんいますよね? 
彼らは「仮面エルカンターレ信仰」なんです、本当に崇拝しているのは吉田達也、これ以外に有り得ないんです。
吉田はかなり以前より、自分の息がかかった職員たちを使って組織掌握のために様々な悪行を行っていたのは記憶に新しいところです。
かつては二世世代を取り込んで、前妻との5人の子供たちを完璧に包囲した上でそれより上の者たちを排除し、狂団をどうにか自分たちのものにしようと画策しておりました。
しかし、きょう子元夫人を放逐する事になってから、彼は物凄い勢いで他の方向性を模索していました。
ご存知かとおもいますが、実名で書きます。
近藤紫央の兄である近藤彰は吉田達也信奉者です。
吉田が学生部、人事局を掌握していた時に採用された学生部出身者で、直接世話になっていた職員と吉田達也を神のごとく崇拝しています。
今回のスピード婚も、大方の予想を覆す展開に驚いた人は少なくなかったはずですが、これ全て吉田の差し金です。
吉田達也はすでに大川の5人の子供たちには見切りをつけました。
新たな配偶者から掌握し、教祖と教団を意のままに操るべく準備を進めておりました。
 
吉田達也を信奉する面々
佐々川壮一、過足裕一、松尾高広・・・・・・
鶴川、滝口もその例に漏れず
 
吉田達也は2009年の選挙前後まで左遷されていました。
打ち込み等の悪行が暴かれて、ある時期より総合本部から完全に放り出されてしまいました。
二度と総合本部には戻れないであろうとまで噂されていましたが、最初の選挙の時、そのどさくさに紛れ込んで一時返り咲きました。
しかしこの後も中央から遠ざけられる場面があり、その裏では密かに子飼いにしている職員たちと密に連絡を取り合い、地方に放り出されている時でも総合本部の状況は吉田に筒抜けでした。
熱心にレポートし続ける吉田の息がかかった職員たちが大勢いたからで、大悟館の様子も例外ではありませんでした。
 
総合本部の皆さん、とくに長年吉田と反目してきた理事など幹部のみなさんに警告します。
吉田がおとなしくしているかのように見せているのは大石 内蔵助のごとく、その実は息のかかった多くの若手職員たちと密に連絡を取り合って様々な内情を知り抜き、果ては人事までも掌握しつつあるのです。
このまま油断していたら、いつか根こそぎひっくり返されて大変な事になるでしょう。
学生部出身者が多く集まっている部署を警戒してください。
怪しいと思った職員がいたら、其者の出自と出家の経緯をよくよくお調べになって下さい。
かつては5人の子供たちを完全包囲して、全てを掌握しようとしていましたが、今、彼らはその方針を全く違う方向へと転換したのです。
 
職員、信者の皆さん、誠に信じがたい話かも知れないのですが事実です。
吉田達也は2009年、選挙の時に一度クーデターを企てて失敗しています。
対立する幹部たちを追い落とすところまでは行きましたが、権力の掌握までには至りませんでした。
様々な意味で時期尚早だったのです。
しかし今回は違います、目前にリストラという大仕事が控えていますが、連中はこれを利用(悪用)して対立関係にある幹部、職員の首を狙っているのです。
大川総裁は吉田の策にまんまとはまった格好です。
若い女さえあてがっておけば良く、その女を背後から、本人も知らぬ間に操作すれば全ては完璧に運びます。
 
山下真理子をハメたのも彼ら、吉田一派の仕業です。
すでに「大川」という法名を剥奪されてしまいましたが、未だに「なぜ剥奪されたのか?」の真相は出て来ていませんね。後ほどこの真相を公開しようと思いますが、秘書系にも多くの吉田信奉者が潜り込んでいるのです。
これらを芋づる式に引きずり出して、完璧に駆逐しなければ大川は将来廃人にされてしまいます。
近藤紫央も、そんな事が背後で起きているとは夢にも思わない事でしょう。
どれだけ中央から遠ざけても、吉田には逐一本部や大悟館、教祖の周辺事情はレポートされているのです。
吉田達也信奉者とは、かつてのナチスドイツのSSのようなものです。
要するに狂信者の集団であり、吉田達也に対しては絶対的な忠誠を持って奉じる者たちです。
 
結婚の報告を延期させようという動きがありましたが、あれの本意は吉田らのクーデターに気づいた者たちによる最後の反抗だったのでしょう。これを発表されて既成事実とされてしまえば、近藤が事実上のNo2になります。
あとはそのNo2を後ろから操作すれば、教団を意のままに操ることができます。
そうとも知らない大川は、近藤やその実家からの押しに釣られて、周囲の言う事も聞かず強引に年初の再婚発表を行ってしまったのです。
愚かな教祖、自らの手で教団を吉田の好きにさせてしまいそうになっています、いやもう遅いのかも知れません。近藤の実家からの押しについては、言うまでもなく近藤の実兄の意向が強く働いています。
そしてこの兄の背後には、吉田配下の人物がいます。
 
さて、それでは先ほどの予告通り、大川真理子(山下真理子)失脚についてです。
昨年の週刊誌による報道でも「大川姓を名乗らせている愛人」として、一部では良く知られた存在でしたが、既に大喧嘩をして左遷されたとの情報は既出です。
大川真理子、教祖の愛人で最有力の次期夫人候補だったのですが、大川に隠れて浮気していた事が判明したために大悟館から放り出されてしまいました。
吉田達也はかなり前から息のかかった秘書系の職員を通じてこの事実を知っていましたが、真理子を泳がせるように指示を出していたようです。
やがて恭子との離婚成立がほぼ確定した時期を見計らって、いよいよ「真理子の浮気」というカードを切りました。息のかかった連中が動向を調査し、その結果を大川に知らせた結果、真理子の運命は終わりました。
 
「真理子の浮気」というカードを切った吉田達也は、用意周到にもう一枚のカードを用意していました。
それが近藤紫央です。
出家して3年しか経っていないので、本人はまだ右も左もよくわかりません。
しかし彼女の兄が問題です、前述のように吉田の息がかかった職員であり、その背後関係を見ると学生部系の職員一派を通じて吉田達也の配下にあります。
多くの幹部、事情を知る職員達は真理子が後妻に入る事にとても抵抗がありました。
影では悪女と呼ばれており、悪意や憎悪が人間の皮を被ったような人物だったからです。
大川の前と、それ以外では別人ではないか?と思わせるに足る二重人格者でした。
ですから真理子のスキャンダルによる失脚は多くの者を安堵させました。
しかし、その後に待っていたのは、吉田達也による「紫央をエサにした大川隆法の一本釣り」でした。
大川はもちろんこの事を知りません。
 
吉田達也なぞ恐るに足らんとうそぶく幹部、職員がいるかも知れませんが、それは吉田が恐ろしく用意周到で、本心をなかなか見せないからに違いありません。
学生部、人事担当だった立場を最大限に生かして、長い時間をかけて組織に根を張って来たので、とても多くの信奉者がいます。さながら宗教内宗教という感じでしょう。
愛人と呼ばれる大川の周囲にいる女性達の中にも、その信奉者は多くいます。
寝物語がそのまま吉田の耳に入るといった事も、いまや驚く話ではありません。
大川さんにお尋ねしたいのですが、なぜか吉田やその周囲の者達に先回りされてしまう事はありませんでしたか? それも一度や二度では無いはずです。
吉田達也という男は、20年も前から「どうやったら気づかれ無いように、組織を乗っ取る事ができるのか」を徹底的に研究し、実践してきたのです。
学生部出身者で、吉田の近くにいた者たちに警戒して下さい。
彼らの信仰の対象は吉田達也であって、大川隆法ではありません。
 
山下真理子さん、あなたが行った行為(浮気)は明らかに大川隆法総裁に対する背信行為でした。
しかし、これを最大限に利用した者の存在を忘れてはいけません。
この状況を利用した人物、それは吉田達也です。
あなたが仮に妊娠して、大川の子を産んでいたとしましょう。「仮に」ですが
あなたの子は、ほぼ間違いなく吉田達也によって足元をすくわれて、教団から放逐されてしまう運命だったでしょう。
 
かつて首都圏学生部で活動した人がいたら心当たりがある話です。
先日閉鎖された元学生部信者さんのブログに、その一端が記されていました。
学生部という閉鎖された環境で、一体どういった指導が行われていたのかわかりますか?
多くの幹部達は目先の金、権力に目が眩んであまりにも無関心過ぎたのです。
あそこでは狂信者の育成、教育から始まって担当職員に対する絶対的な忠誠心、その先には吉田達也信仰という、まったく異質な信仰を植え付ける洗脳機関として機能していました。
やがて愛人候補の若い女性もここから抽出されるようになって行きましたから、総裁の周囲には吉田達也につながる「目」や「耳」がうろうろしていた事になります。
古参の幹部の方々に申し上げますが、あなたがたは甘過ぎたのです。
 
近藤紫央は吉田達也の操り人形です。
そんな女を教団No2として崇めるという事は、皆が知らぬ間に、「吉田達也信仰」に改宗したも同然です。
では他の女性なら良いのか?
答えはNOです。
既出の愛人と称される者たちの中には、既に吉田の息が息がかかっている者が複数おりますので。
古参の幹部の皆さん、あなたがたは甘過ぎた。吉田の暴挙をもっと早く止めておくべきでした。
多くの末端職員の皆さん、支部長さん、支部や精舎のスタッフのみなさん、あなたがもし学生部出身で出家されたのならまだ良いかも知れません。
でもそうで無いならば、早めに還俗して教団から離れる事をお勧めします。
 
教団は対外的には中国共産党による支配、侵略の恐怖を語っています。
しかしこれは未来の幸福の科学内部の事であると考えて良いでしょう。
吉田達也による教団支配、これがどういった結果をもたらすのか 連中によって辛い目に遭わされた事がある職員さんであれば言わなくともわかりますね。それは恐怖政治の世界です。
吉田達也の子分達で佐々川壮一、過足裕一、松尾高広・・・・・・・ まだまだ大勢います。
このもの達こそがいわゆる「打ち込み」と呼ばれる恐怖の粛清を吉田達也の命令によって行ってきた実行犯(のごく一部)です。
スターリニズムの再来、もしくはナチスドイツの親衛隊と言って過言ではありません。
近藤紫央をNo2に据えれば、その未来には恐るべき「教団内選民思想」がはびこり、吉田達也に忠誠を誓わない者は、いずれ教団から排除される運命です。
 
古参幹部のみなさん、言われている事がおわかり頂けていると思います。
あなた方は自分たちの事だけで周りが見えていなかったのです。
なぜ鶴川なんぞを、その家族までも重用してしまったのでしょうか?
あの男も吉田達也信奉者、吉田親衛隊の一員です。
にもかかわらずこの人物のツテを頼って、今では外せない位置に置いてしまいました。
大きなミスです、こういうクサビを一本一本打ち込まれて、今や吉田達也にとって大きな足場を築いてしまっているのです。
 
吉田達也が教団組織内部、特に中枢の情報を抜きつつ、姿を潜めて実行支配を進めている現状を一言で表すならば、「ステルス支配」という言葉が当てはまります。
この「ステルス支配」はついに教団中枢にまで届いてしまいました。
このまま放置すれば、いずれは「影の教祖」となるでしょう。
どんな状況になるのか、2009年の選挙で思い知っているはずです。
古参の幹部の方々、いままで美味しい思いをする為だけに、教祖を薬漬けにしてご機嫌をとり甘い汁をすすって、卑しい言い訳を並べ立ててきたツケに利息までついて、巡って来たものとご理解下さい。


【転載元】アンチHS(by アイマイミー氏)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]