忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幸福の科学を統一教会の信者が見ると(by 自由人)
興味深い記事がありましたので紹介します。

魔にやられてるのはどっち?
2013年01月26日
 
自分自身の内面をチェックする法として
人の良いところと悪いところを
客観的に見ることができるか
ということでチェックして、努力している。
 
幸福の科学を批判しているからって
私は幸福の科学が全部悪いとは思っていない。
良いところもあるし、悪いところもある。
良い人もいれば、悪い人もいる。
 
私の信じている統一教会だって
もちろん全部良いとは思っていない。
良いところがあれば、悪いところもある。
良い人もいれば、悪い人もいる。
 
自分自身を見たって、
良いところと悪いところがあるじゃないか。
 
ところが、感情的になると
まったく目が曇ってしまうんだなあ。
 
相手のやることなすこと、全部が悪く見える。
冷静に客観的に判断できなくなる。
 
私心なく見るということは簡単ではない。
これが幸福の科学で言う「正見」ということであろう。
 
統一教会もさんざんマスコミから叩かれてきた。
とにかく「全部悪い!」という論調だった。
 
政治家や芸能人なんか、ちょっと関わっただけでも
糾弾されたり、気の毒だった。
 
絶対悪の統一教会を反対するんだから、
反対する自分たちは正義でしょという論理だ。
 
絶対悪の統一教会に反対するのならば、
何やっても許されるでしょみたいな空気がある。今でも。
 
正しく見てもらえるようになるには時間がかかるだろう。
自ら襟を正し、コンプライアンスを徹底し、
世の中に役に立つ存在になるよう努力しなければ。
 
アンチブログを色々みていると、
幸福の科学職員や信者の驚くべき姿がみえる。
「自分が全部正しい」
「批判する者は魔にやられてる」という考え方は明らかに間違いである。
 
「魔にやられてるのは、そういう目でしか人を見れないあんたでしょう」という話だ。
 
アンチの皆さんも、一度自分自身の心をチェックしてみられてはいかがだろうか?
「人のふり見て我がふり直す」者でありたいものだ。
 

【転載元】幸福の科学を統一教会の信者が見ると(by 自由人) にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]