忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幸福の科学を統一教会の信者が見ると(by 自由人)
興味深い記事がありましたので紹介します。

幸福の科学衰退の決定的要因
2013年02月14日
 
幸福の科学では今、退会者や植福(献金)をストップする人が
続出していると聞く。
 
幸福の科学では教義が変わったり
過去世の設定がコロコロ変わることに
疑問や不信を感ずる人も少なくないと思う。
 
そして次々と起こるスキャンダル。
 
しかし疑問を持ったとしても
疑ってはいけない、ただ信じなさい
と教えられるため
理性を無視し盲目的な信仰へと走っていく人のみが残り、
もはやついて行けない人が多量に発生しているのだろう。
 
幸福の科学がもし、初期のような神理の探究団体であり
正しき心の探究をする団体であれば
 
あるいは
大川隆法氏が、ただの作家であったり
団体の主宰ぐらいであれば
さほど問題ではなかっただろう。
 
真理の探究中なのであれば
年月とともに悟りが深まっていくこともあるだろうし
新しい悟りや教団の発展とともに
教義の変更も十分ありえるだろう。
 
いろんなスキャンダルも
修行中の身ということで素直に反省の姿を示せば、
いくらでも挽回が可能であろう。
 
最大の問題は
不完全な状態で、完全なものであるかのような設定にしたことだ。
 
いち修行者、いち真理探究者であれば良いものを、
それをいきなり
「我こそはエル・カンターレなり。地球の至高神なり」
とぶちあげてしまったものだから
後に引けなくなってしまったのだ。
 
さらに教祖のみならず
団体の職員までも
「絶対善なるエルカンターレに従う団体だから
教団も絶対善、職員も絶対善」となり
会員の意見には一切耳を傾けない
意見する者は「魔にとりつかれた者」とレッテルを貼って排除する
そんなとんでもない団体になってしまった。
 
愛、知、反省、発展という「四正道」を説きながら
自らが反省のできない教祖と団体になってしまった。
 
ここに大きな矛盾がある。
 

【転載元】幸福の科学を統一教会の信者が見ると(by 自由人) にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]