忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽山日記(by 自由)
興味深い記事がありましたので紹介します。

エル・カンターレは神なのか?
2013/2/18
 
エル・カンターレ信仰について、
三次元的な価値観のとらわれを取り去り、
肉体人間としての大川隆法ではなく、
その奥にあるものを見るようにするのが肝要だ
という意見をよく聞く。
 
正直な感想をいうと、
これは、おかしな理屈であるように思う。
 
そもそも、
神とは
相対的な存在ではなく、
絶対的な存在であると聞く。
 
それならば、
神は、
どのような視点から見ても、
どのような価値観で判断しても、
絶対でなければおかしいのではないだろうか。
 
たとえば(変なたとえで恐縮だが)、
人は不完全であるから、
左顔より、右顔が美形だとか、
前より、後姿が美しい、
というようなことは当たり前だが、
 
神は絶対であるゆえに、
右から見ても、
左から見ても、
前から見ても
後ろから見ても、
どこの誰が
どのように見ても、
完璧に美しいのが当然なのだ。
 
大川隆法のように、
肉体人間として見てはいけない、
三次元的な価値観で見てはいけない、
天上では完全でも、三次元では不完全になる、
などと、ややこしい条件を付さなければ
神に見えないのであれば、
これこそが彼が神ではない証拠でもあると思う。


【転載元】楽山日記(by 自由)
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]