忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★★『幸福の科学』統合スレッドpart679★★
現信者の興味深い投稿がありましたので紹介します。

26 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2012/11/25(日) 21:59:55.86 ID:zwWgpi01 [4/9]
 
◇社会的影響力ゼロの大川隆法◇
 
河内不退元幹部の選挙結果
■無所属■     2012年宇都宮市長選  41,678票
■幸福実現党■   2009年衆院選     3,836票
 
↑これが幸福の科学の現状を表しています。

幸福実現党が相手にされないのは政党要件を満たせない弱小政治団体だからと思っていた。
しかし、今回の衆院選で乱立する政党の中にも政党要件を満たせないものがあるがマスコミにしっかり取り上げられている。

つまり、幸福実現党が相手にされないのは政党要件とは関係がなく、幸福実現党自体がオウム真理教と同一視され嫌われているからだということが、あらためて分かりました。

ちなみに、政党要件を満たしていない政治団体は、比例区に衆院では定数の10分の2以上候補者を立てる必要があることがわかりました。
政党は比例区に一人からの候補を立てることが出来ますが、幸福実現党のような政党要件を満たせない政治団体では一人だけの候補は不可能です。
ふ~ん。本来であれば各比例区の候補者を一人にしたかったけれど出来なかったんだね。

大川隆法ほど言論の自由が保障されている人はいない。
何を言っても相手にされない。
幸福の科学の相手をしてくれるのは信者とアンチと3流ゴシップ雑誌の文春と新潮くらい。
あと藤倉さんもいましたね。

大川教祖に対する世間の人々の印象はオウム真理教の麻原教祖と同じ。
だから河内不退元幹部が幸福実現党から出馬した2009年衆院選で3,836票しか取れないのに、幸福実現党を隠して無所属で出馬した宇都宮市長選では41,678票も取れたんだね

この宇都宮市長選の結果を見ても、幸福の科学がいかに国民に嫌われているかが分かりますね。


29 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2012/11/25(日) 22:15:07.02 ID:zwWgpi01 [5/9]
 
◇幸福実現党では一議席も取れません◇
 
河内不退元幹部の選挙結果
■無所属■     2012年宇都宮市長選  41,678票
■幸福実現党■   2009年衆院選     3,836票
 
この宇都宮市長選の結果から分かるように、幸福実現党から出馬すると「必ず」票が減ります。
幸福実現党から出るくらいなら、無所属で出たほうが「必ず」票が多く取れます。

幸福実現党が議席を取れる可能性はゼロです。
幸福実現党が選挙運動をすればするほど逆効果で票が逃げて行きます。

宇都宮市長選挙の結果を冷静に、科学的に分析しましょう!

河内不退元幹部が幸福実現党から出馬した時には3,836票しか取れなかったのに、無所属で出馬したら41,678票も取れたのか、その原因をよくよく考えましょう。

幸福の科学がいかに嫌われているか自覚することからスタートしましょう。
そして、幸福の科学が嫌われる原因を作ったのが大川教祖自身だということを反省しましょう。

【転載元】
★★『幸福の科学』統合スレッドpart679★★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]