忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの日久しぶりに先生の霊言を見た私は、突然、先生と自分が重なって見えたのです。
 
私の人生は自分の中にある「負の感情」との戦いでした。
それはKさんも、Y子さんも知っているよね。

私はKさんの家で先生の霊言を見たあの日、先生の中に、私と同じ「劣等感」と「欠乏感」を、そしてそれらを満たさんがための「偽りの全能感」を感じ、今まで、職員や一部の活動会員に持っていた疑問の元はすべて先生にあったことに気がついてしまったのです。
 
本当は薄々感じていたのだけれど、先生を否定することは自分自身を否定することになりそうで、今までその事実から目をそらしていただけで、私は今まで先生の持つ同じ『負の感情』と単に「波長導通」し引き寄せられていただけなんだと、あの時思い知らされてしまったのです。
 
そしてその後に思ったことは、
「天上界から見たら、先生も私と同じ救済の対象になってしまったんだ」と言うことでした。
 
私は考えました。
私はこれからいったいどうすれば良いのか?

私の出した結論は
「もうこれ以上恩ある先生に宗教者として罪を犯させてはいけない」
「会の中に残る仲間たちにこの事実を何としてでも伝えなければならない」

でもそれを会の中で実践すると必然的に会の中にいる職員や仲間達と戦わなければならなくなります。
それだけは避けたかった。
だから私は会を離れ、会の外から先生の本当の姿を世の中に訴えていくことにしたのです。
 
私がそうであったように、先生のような「アダルトチルドレン」は平気で人を利用し、人を傷つけます。
それは「アダルトチルドレン」が「他者からの愛や評価、または犠牲」などで、自分の心の中の欠乏感を埋めることを(ほとんど無意識に)生きる上での最優先事項にしているからです。

私はこれ以上尊敬していた先生が、人を利用し、傷つけるのを見たくはなかった。
そして大切な仲間たちが先生に利用され、搾取され、傷ついて行くのも見たくはなかった。
 
もし先生が反省をして本来の仕事、すなわち、
「天上界の支援のもと、先人たちの教えを編纂し、それを広め、人を導く仕事」に戻ってくれるなら
私はまたきっと先生を師と仰ぐでしょう。
でもそれが叶わないなら弟子であった私のなすべき仕事は
「もうこれ以上先生に罪を犯させないようにすること」だと今は思っています。
 
私は今でも幸福の科学は「天上界の意思によって作られた教団」だと信じています。
出来ることなら幸福の科学がまた本来の姿を取り戻して未来に残って欲しい。
でも今の幸福の科学は先生の「自己顕示欲」を満たさんが為の私物となってしまった。

だから今は、
「教祖が今のような状態ならもう幸福の科学は天上界からの支援は受けられないだろう。」
「もし支援があるとしてもそれは先生と同じ欲を持った霊人か悪魔、もしくは宇宙人だろう。」
と私は強く確信しています。

(※先生の本来の霊格を先生の教えに照らして考えて見ると「八次元、裏、裁きの神、天狗系、自己実現系、レプタリアン」と言うのが今の私の見解です。)
  
先生は「エルカンターレ宣言」の時あたりからボタンを掛け違えたのでしょう。
そして最近の離婚問題、その原因になった愛人問題、何と言っても選挙では大変な墓穴を掘ってしまいました。

今の先生は、自分は安全な所にいて、周りには愛人とイエスマンをはべらせ、外向きには自分の力を誇示し、自分を見下した(と感じている)世の中に自分の能力を見せつけたいだけの幼子のように私には見えます。

どうしてそう思うかって、それは繰り返しますが、私が先生と同じ「アダルトチルドレン」だからです。
 
私が自分の問題を克服するために勉強して知ったことの一つに「ヒットラーもアダルトチルドレンだった」と言うことがあります。

ヒットラーは自分の欲望を満たさんがために、善人を装い、人々のためと言いながら最終的には多くの人達から様々なものを奪い、傷つけ、そして殺しました。

今の先生はまだあれほどまでのことはしていませんが、彼と同じように自分を大きく見せんがための無計画な採用と無責任なリストラで多くの職員とその家族の生活を破壊し、さらには菩薩をちらつかせ借金までさせて信者の財産を奪えるだけ奪い、それでもなおついてくる盲信的な信者の全てをしゃぶりつくしながら彼らを道連れにして、ヒットラーやオウムの麻原のように破滅の道を着々と歩いているような気がしてなりません。
 
繰り返しますが、私はもうこれ以上先生に罪を犯させたくないし犠牲者も増やしたくありません。
そのためにも一度は幸福の科学に関わった私が、幸福の科学の闇を知ってしまった私が、少しでも声を上げなければいけないと思っています。
だって内情を知らない人達は、オウムの時のように何か事件が起こるまでただ傍観しているしかないのですから。

私の力はとても小さなものですが、まずは出来ることから始めたい。
幸いに私が伝道した家族は全員退会してくれました。
これからは、会に残る仲間たちがこれ以上先生に利用されないように努力することで、立ち位置は変わってしまいましたが、改めて神仏のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
 
私はK家の中の一人でも信者であるうちはこの活動を続けると思います。
それは、それが今の私の天から与えた役目だと思っているからです。
 
「人生の問題集」は本当に複雑怪奇です..........。(´ヘ`;)ハァァ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]