忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽山日記(by 自由)
興味深い記事がありましたので紹介します。

寝言は寝て言え 幹事長 2

アンチ諸君、めでたしめでたし。|一憂国者の紙つぶて 加納有輝彦
 
寝言は寝て言え 幹事長|雪宮がんばりますっ! 
 
上記二つの記事を読みました。雪宮さんの意見はよく分かるように思いましたが、加納さんの意見については、およそ三つほど、疑問を感じました。
 
まず一つは、加納さんの言う〝信仰者〟とは具体的にはどういう人を指しているのだろうかということです。

文脈から行けば、「幸福の科学」の信者を指しているように思えますが、ひょっとしたら、すべての宗教の信者を指しているのでしょうか。どちらなのでしょう。
 
二つ目は次の部分についてです。
もし、アンチ諸君が、信仰者の政治参加を許さないというのなら、やがてあなた自身の自由が守ることができなくなるのである。

 
自由を奪われた時、あなたはなつかしく思いだすだろう。我々に対して自由に批判できた日のことを。
 
さきの衆院選で、大川隆法総裁は「みなさん、死にたくなかったら、“幸福(実現党)”と書いてください!」などと訴えたといいます。(*1)
 
上記はこれと同じ発想で、「幸福実現党を支持しなければ自由は奪われる。自由を奪われたくなかったら幸福実現党を支持しなさい」という意見なのでしょうか。

三つ目の疑問は、下の〝強制力をもって排除〟という部分についてです。
信仰者の政治参加がことさら非難されるのなら、そしてそれを強制力をもって排除するということになれば、もはや日本も中国や、北朝鮮と同じ国に堕落したということである。
 

ここで言う〝強制力をもって排除〟というのは、あえて極論を言ってみたというだけのことでしょうか。
それとも、自分たちは〝強制力をもって排除〟されるかしれないと、本気で心配しているのでしょうか。
もしそうであれば、そうさせないための対抗手段を用意しているのでしょうか。どうなんでしょう?
 
以上、三つの疑問点は、信者さんからしたら重箱の隅をつつくようでくだらないものかもしれません。けれども、教団の外にいるわたしからすれば、とても気になる論点なので、思い切って書いてみた次第です。
 
(*1)【衆院選】大川総裁が突如街宣スタート!「死にたくなかったら幸福実現党に」=教団は本紙に力づくの取材妨害 : やや日刊カルト新聞


【転載元】楽山日記(by 自由)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]