忍者ブログ
<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々の情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<幸福の科学根本教義批判>

第三章「反省の原理」批判

「予言」が外れても反省しない
 
 大川隆法は、八〇年代から九〇年初頭にかけて、「宵言集」を沢山出版し、教勢を拡大した。しかし、その内容にツッコミを入れられ始めると、九四年、「方便の時代は終わった」と言って、全てを高橋信次(霊)の責任にして、用語の大々的な変更を行なった。「自分が悪かった」とは言わないで、「全ては高橋信次のせいである」とした。

 九一年には『ノストラダムス戦慄の啓示』という本を出版し、映画も制作して九四年の「方便の時代が終わった」以降に公開した。その本や映画の中でも、また自らの講演会等でも、「一九九九年にポールシフトが起きる」ということを何度も繰り返し述べてきた。しかし、一九九九年には何も起こらなかった。その際にも何の反省の弁もなく、教団の機関
誌「ザーリバティ」に「景山民夫の霊言」という形で寄稿し、以下のように述べている。

 私も関心の深かったあのノストラダムスにも会いました。「一九九九年の恐怖の予言は何だったのですか」と伺ったところ、「『太陽の法』が東の国で説かれ、ヘルメスの繁栄が甦った時、わが予言は朝露の如く消えるしかないのだ」とのことでした。
 『太陽の法』の全世界的な広がりと、一九九九年の「繁栄の法」の雲的パワーが、時代の運命を変えたのだそうです。
 以前、「バックートウーザーフューチャー」という映画がありましたが、予言者の描いたストーリーも、九次元大雪(大如来)の奇跡のパワーが本格的に働き始めると、水飴のようにグニャグニヤにねじ曲げられてしまうのだそうです。
http://www2.synape.ne.jp/y-maeda/121.htmょり抜粋)

 と。見事な「マッチポンプ」である。しかも、「霊言」という形で言い訳をして、自分では責任を取ろうとしないのである。
 
 今年も年初に『天照大神のお怒り』などと言ってまた富士山が噴火するだの言い、『ファイナルージャッジメント』とかいう映画で「中国が攻めてくる」などと言い、秋に公開予定の『神秘の法』とかいうアニメ映画では「宇宙人が攻めてくる」というようなことを言うようだが、また同じ手を使ってくるだろう。

 つまり、恐怖の予言を(憲一言という形で)行い、何かが起きれば「ほれみろ、当たったじやないか」と言って喧伝し、何も起きなければ霊に「大川隆法の力で止めたのだ」と言わせるのである。どっちに転んでも痛くないという、まことに見事な手法である。

【教義批判一覧】
<幸福の科学根本教義批判>はじめに
<幸福の科学根本教義批判>大川隆法の思想の源流
<「愛の原理」批判>「愛を説いているのに愛がない」という不思議
<「愛の原理」批判>奪う愛から与える愛へ」というスローガンの問題点
<「愛の原理」批判>教義に欠けた「母性愛」
<「愛の原理」批判>「人を愛し、人を生かし、人を許せ。」という言葉の問題点
<「愛の原理」批判>「見返りを求めない愛」という言葉の問題点
<「愛の原理」批判>「愛の発展段階説」に関する考察
<「愛の原理」批判>「愛する愛」について
<「愛の原理」批判>「生かす愛」について
<「愛の原理」批判>「許す愛」について
<「愛の原理」批判>エーリツヒーフロム氏の説との比較
<「愛の原理」批判>まとめ
<「知の原理」批判>「疑い」の禁止-永遠の「受験勉強」の世界
<「知の原理」批判>大川隆法の「大悟」とは何か
<「知の原理」批判>「霊界次元構造説」や「魂の兄弟理論」について
<「知の原理」批判>「七」は勝利の数であるか
<「反省の原理」批判>反省を説いているのに反省がない」と言われる不思議
<「反省の原理」批判>「予言」が外れても反省しない
<「反省の原理」批判>選挙で現実を突きつけられても反省がない
<「反省の原理」批判>「反省からの発展」とは何だったのか
<「反省の原理」批判>ユング心理学から見た幸福の科学的「反省」に関する考察
<「発展の原理」批判>根抵にある「自助努力」の教え
<「発展の原理」批判>「Think Big!」という思想 
<「発展の原理」批判>「幸福の科学・没落の法則
<「発展の原理」批判>まとめ
<幸福の科学根本教義批判>大川隆法の霊的真実を探る
<幸福の科学根本教義批判>「エルーカンターレ」という呼称について
<幸福の科学根本教義批判>エル・○○」という神の名前から探るルーツ
<幸福の科学根本教義批判>大川隆法の過去世についての概論
<幸福の科学根本教義批判>「ヘルメス」の真実の姿
<幸福の科学根本教義批判>大川隆法が再誕の仏陀であっても構わない
<幸福の科学根本教義批判>ヘルメスと同一視されるルシフェルとサナトークマーラ
<幸福の科学根本教義批判>大川隆法の霊的真実を探る まとめ
 
 
【転載元】幸福の観測所 http://antikkuma.hatenablog.com/
【著作者】TSI研究会(UMA) にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR
プロフィール
HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村:幸福の科学にとっての「不都合な真実」を、一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]